Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベビー用マットなら人気のジョイントタイプがおすすめ!

ベビー用マットなら人気のジョイントタイプがおすすめ!

赤ちゃんがいる家庭では、硬くて危険なフローリングをなんとかしたいもの。でもラグや絨毯・タイルカーペット・ジョイントマット…など種類も多いので、一体どれにすべきか悩んでしまいますよね。

そこでここではベビー用マットに焦点を当てて考えてみようと思います。

スポンサーリンク

ベビー用フロアーマットはジョイント式がいい!

赤ちゃんが生まれると用意したいのがクッション性のいいベビー用クッションマットです。自分で動けないうちはいいのですが、赤ちゃんの成長は早いもので、やっと首が座ったと思ったらすぐズリバイが始まり自分で移動しようとします。にもかかわらず床がフローリングでは危険がいっぱい。滑るし硬いし冷たいし赤ちゃんにとっていいことなんてありません。

そこでフロアーマットを敷くべきなんですが、オススメはじゅうたんなどではなくジョイント式のマットです。なにかと汚しがちなので、じゅうたんでは手軽に洗うことができずどんどん汚くなってしまいます。染み込む素材だとニオイも付きやすく、長い間清潔に使うことができません。

その点ジョイント式なら汚れた部分をとって、その場所だけ洗うことができます。クリーニングではなく自宅でも簡単に洗えるので、清潔を保ちやすくニオイも付きません。嘔吐やおしっこ・うんちが付いてしまったときは、汚れた部分だけ取り換えることができ、衛生面においてはジョイント式はとても便利な構造です。

部分的に洗えると楽チン

赤ちゃんは汚さないようにとか、こぼさないようにということは考えません。床がじゅうたんだと親はなにかこぼすたびに「あ~」ってテンションが下がります。赤ちゃんが悪いわけではないとわかっていても、やっぱりじゅうたんが汚れるのは誰だってイヤなものです。

でもベビーマットの上ならそんな心配もなく、しかもジョイントタイプなら部分的に洗えます。どうしても汚い場合は取り換えればすぐ新品になってくれます。

じゅうたんだと洗えないので、一生懸命拭くことしかできません。いくらクリーニングに出しても古い汚れは簡単には落ちなく、付いた汚れは二度と落ちないでしょう。やっぱり手軽に洗えるジョイントマットがおすすめです。

ベビーマットは厚みがあるほうがいい!

ベビーマットを敷く目的は、安全面や衛生面・断熱性・防音などではないでしょうか。それらを総合的に考えると、ある程度の厚みがあるほうが使い勝手はいいです。厚さ4~5mmのジョイント式のマットなどは、厚みが足りないため役目を果たしてくれません。

薄いということは同時にクッション性が低いということ。赤ちゃんが転んだ時の衝撃をしっかり吸収できず、フローリングよりはいいとしても、それでも結構なダメージになってしまいます。なにか物を落とした時や足音などの防音面でも、ある程度の厚みは必要となります。

断熱性も厚みがあるほうが有利ですよね。お部屋の暖かい空気が外に逃げにくく外の冷たい空気が侵入しにくいのは、どう考えても厚みのあるタイプです。

衛生面ではあまり厚みは関係ありませんが、トータル的にはある程度の厚みが必要になってきます。注意したいのはドアの下や引き出しなどの隙間。1cmちょっとの厚みなら多くの場合問題ありませんが、家具によっては引き出しが開かなくなったり、扉が開かなくなったりといったことも考えられるので注意が必要です。

おしゃれなデザインのマットもある!

赤ちゃんの安全とインテリア性の葛藤がある人も多いと思います。赤ちゃんの部屋に敷くならいいのですが、リビングに敷くときは来客のことを考えるとどうしようか悩みどころです。

最近はいろいろな種類のベビーマットが売っています。「いかにも!」というマットから、畳やフローリング柄のマットまで様々。リビングに敷きたいけどインテリア性に悩んでいるなら、フローリング柄のジョイントマットを検討してはどうでしょうか。

もちろん良く見ればジョイントマットということは分かります。でもかわいい単色や絵のついたものに比べると、かなり本格的なデザイン。パッと見なら大きくインテリア性を損なうこともありません。またギザギザのジョイント部もサイドパーツでスッキリ見せることができます。いかにもベビーマットというのがイヤなら検討する価値はあると思いますよ。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る