Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クッションマットが赤ちゃんに必要な理由

クッションマットが赤ちゃんに必要な理由

赤ちゃんがもうすぐ生まれる、もしくは小さな赤ちゃんがいるという家庭では、クッションマットが必要になります。フローリングはもちろん、じゅうたんでも物足りません。そこでこのページではクッションマットが必要な理由を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの安全が最重要

赤ちゃんのフロアーマットを考えた時に大事なのがクッション性です。とにかく様々な衝撃を吸収してくれるクッション性がなければ全く役不足と言えます。転んで頭を打ったり、物を落としたり、ドタドタ歩き回ったり…。このようなことが頻繁に起きるため、衝撃をどれだけ吸収できるかで安全面や防音面で大きな差が出ます。

特に重要なのが頭をよくぶつけるということ。経験したことのある親ならわかると思いますが、初めての赤ちゃんの場合どのようなことで転ぶのか、どんな感じで頭をぶつけるのかがわかりませんよね。赤ちゃんは大人が思いもよらないことで転んだりします。ちょっと斜めの場所、たとえばお昼寝布団の端っこに座ってるだけなのに、その状態からゴロンと転がって頭を床にゴンとぶつけて泣いてしまいます。

また、つかまり立ちが始まればさらにヒヤヒヤします。バランスを上手にとれるようになるまである程度かかりますし、歩けるようになっても床におもちゃなどがあればバランスを崩して簡単に転んでしまいます。そんなとき床がフローリングなら、想像しただけで恐ろしいです。ぶつけた衝撃に加え外傷もできてしまいそうですよね。

じゅうたんの場合、外傷はある程度防げますが衝撃はフローリングと大きく変わらないでしょう。薄くてクッション性がないので、ぶつけたまま頭部にダメージがいってしまいます。やっぱり赤ちゃんにはクッションマットが最も安全で適しています。

赤ちゃんの生活空間に組み合わせマットを!

お家のすべてにマットを敷くことはなかなか難しいものです。でも赤ちゃんの生活するエリアにさえ敷いてあればいいわけなので、組み合わせマットなどがちょうどいいです。様々な形に合わせて敷くことができ、とても応用が利きますよね。廊下や脱衣所などにも簡単に敷くことができます。

子供部屋があるなら、できれば床はクッション性の高いマットを敷き詰めたいものです。子供部屋はある程度大きくなってからだと思いますが、そうなると今度は防音の面から必要になってくるのです。一戸建てで下の階に音が響いても問題ないならいいのですが、アパートやマンション・戸建でも二世帯住宅で親が住んでいるなどの場合は、防音対策をしないと騒音はとても大きなものになってしまいます。

いくらじゅうたんを敷いても、走るときの足音や物を投げたり落としたりしたときの「衝撃音」は解消されません。1cmぐらいの厚みがあって衝撃を吸収しやすい素材でできているマットじゃなければ、衝撃音を改善することは難しいでしょう。

ジョイント式のクッションマットは掃除が楽チン!

赤ちゃん・小さな子供はとにかくよく汚します。でもそれに対していちいち怒ってばかりでもどうかと思います。教えることは大事ですが、よく汚すなら掃除が楽なようにすればいいのです。

とくに床は重力があるので汚しやすい場所。お菓子をこぼしたりジュースをこぼしたり…。そんなときじゅうたんだと非常に手間がかかります。掃除機をかけるにしても、こぼしたジュースを拭くにしてもこれほど掃除がしにくいものはありません。その点ではフローリングは掃除がしやすい利点があります。

でも安全や防音を考えるとフローリングは向いていないので、やっぱりマットが最適になります。とくに防水の効いたマットはお手入れが本当に楽チンです。フローリング感覚で掃除機をかけることができ、水分が染み込まないので慌てて拭く必要もなく、汚れやにおいがつく心配も大幅に減ります。

畳の部屋は難関

赤ちゃんの生活空間に畳の部屋があるときは、その対応がなかなか難しいものです。畳は衝撃はある程度吸収してくれるので安全性はいいのですが、汚れても洗うことができず、傷みやすいという弱点があります。畳の目に逆らって物を引きずれば、すぐにボロボロになってしまいます。

衛生面もなかなか難しく、お菓子のくずは畳の内側に入り込みやすく、ジュースをこぼしたりすれば一瞬で吸収されてしまうので対処のしようがありません。

かといって簡単にマットやじゅうたんを敷くことができないのも畳のやっかいなところ。畳はカビがはえやすくダニも多く潜んでいます。そんな畳の上を密封するようにマットを敷くのは、カビやダニに繁殖してくださいと言ってるようなもの。乾燥する冬はまだいいですが、梅雨の時期などは気をつけないとカビの温床になってしまいます。

畳の部屋の場合は部分的にマットを敷いたりして安全性と衛生面を向上させ、簡単にはがして掃除できる状態にしておかなければいけません。季節ごとにはがして掃除したり乾燥させたりしてカビやダニへの対応をしっかり行う必要があります。コルクやクッション性の高いナイロン素材なら、マットにカビがはえてくることはそう多くはないので、畳にカビやダニが大量発生しないように気をつけましょう。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る