Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ジョイントマットの切り方|上手に切れる2つのポイント

ジョイントマットの切り方|上手に切れる2つのポイント

ジョイントマットを家具に合わせて敷く場合、簡単にカットして大きさを合わせることができます。「L字」でも「S字」でも自在に切れるので、絨毯などと違い隙間なくピッタリに敷くことができるのがいい点ですよね。

でも初めてだと上手に切れるか不安になりますよね。どの程度の力加減で切れるのかも分かりません。そこでこのページでは、ジョイントマットの上手な切り方のコツを紹介します。

スポンサーリンク

用意するもの

ジョイントマットを切ってきれいに敷くために必要なものは次の通りです。いろんなパターンを想定してるので、全て用意する必要はありません。

  1. はさみ
  2. カッター
  3. カッターマット
  4. 油性で細めのペン
  5. 定規
  6. 厚紙

はさみ

曲線を切るときは基本的にはさみを使います。小さいものだと力が入りにくいので、裁縫用の大きいものが切りやすいです。また、古くて切れ味の悪いものは切り口がボロボロになりやすいので注意。

カッター

直線はカッターで切るとキレイに仕上がります。こちらも細くて小さなタイプより、大きいカッターのほうが力が入れやすいです。切れ味も新しい状態にしておくのが理想的。

カッターマット

切る裏側を気にしてたらきれいに切れないので、できればカッターマットがあるといいです。段ボールなどで代用するときは床に傷がつかないように気をつけてください。

油性で細めのペン

ジョイントマットに直接目印をつけるのに使います。水性だとのびたりにじんだりするので油性がおすすめ。太さもマッキーのように太すぎると切った時に残ってしまうので、細めのほうがいいです。

定規

最低でも30cmの定規が必要です。長さを計るのとカッターで真っ直ぐ切るのに使うので、メジャーでは物足りません。長さはメジャーで計り、真っ直ぐ切るのは他のものを使うならOKです。

厚紙

曲線を切るときに使います。あらかじめ曲線の「R」の型紙をつくることでキレイに仕上がります。曲線の数だけあるのが理想です。新聞紙やチラシだと薄くてずれる可能性があるので、できれば少し厚い紙か硬めの紙がおすすめ。

上手な切り方

では具体的にきれいに仕上がる切り方を、直線と曲線に分けて紹介します。

直線をキレイに切る

直線は基本的にカッターで切ります。ハサミだと微妙に真っ直ぐ切れないので、定規に当ててカッターで切るのがおすすめです。

まずは何センチで切るのかを計ります。「I字」なら目印の線を書き、カッターマットを裏に当てて2~3回カッターで切ればキレイにできます。「L字」の場合も同じく目印の線を書き、線が交わった部分から切ります。

どちらの場合も、カッターマットを当てて裏側を気にしなくてもいい状態にすることで、切ることだけに集中できるのでキレイに切れます。大人になったら普段カッターを使う機会が少ないので、指を切ったりしないようにゆっくり作業しましょう。

曲線をキレイに切る

問題は曲線ですよね。カッターで切れないうえに、正確に目印の線を書くのが思いのほか難しいです。そこで活躍するのが厚紙。あらかじめ厚紙で曲線の「R(曲がり具合)」の型紙を作ります。この型紙をどれだけ正確に作れるかが仕上がりを大きく左右するので妥協せず作ります。

曲がり具合さえ分かれば、曲がり始める地点を何センチか計り、そこから作った厚紙で目安の線を書いていきます。ポイントは切ると要らなくなる方に微妙にずらして目安の線を書くことです。

そうすることで切り終わった後に線が残ることを防げます。切るときは微妙にずらした分だけ内側を切ります。

紙だと薄いので曲線も簡単に切れますが、ジョイントマットは厚いのでじっくり腰を据えて取り組むことが大事です。完成を急ぐとその分だけ仕上がりも雑になります。

まとめ

ジョイントマットは簡単に切ることができますが、曲線や細かい部分はけっこう切るのが難しいもの。でもピッタリ切れた時はけっこう嬉しくなります。ぜひきれいにピッタリと仕上げてくださいね。
⇒「ジョイントマットの端をキレイにする2つの大事なポイント」も参考にしてください。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る