Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ジョイントマットにホットカーペットを敷く簡単な方法

ジョイントマットにホットカーペットを敷く簡単な方法

ジョイントマットにホットカーペットを使っても大丈夫だろうかと心配ではありませんか?特にジョイントマットを赤ちゃんのために敷く場合、寒くなる季節に気になるのが床の寒さ・冷たさですよね。お昼寝布団を上に敷くならなおさらです。

そこでホットカーペットの登場なんですが、熱でジョイントマットが使えなくなってしまわないか心配になると思います。このページではジョイントマットとホットカーペットを上手に使うコツを紹介します。

スポンサーリンク

そもそもホットカーペットは使ってもいいのか…

ジョイントマットと一口に言っても、赤ちゃん本舗や西松屋など赤ちゃん用品としてのジョイントマットもありますし、ニトリ・イケアなどにもあります。「ホットカーペット対応」と書いてあれば確実に使えますが、書いてない時は基本的に使えないと思ったほうが間違いありません。

ジョイントマットは熱に弱い

実はジョイントマットの多くは熱に弱い性質があります。ホットカーペットの場合、さすがに溶けるほど高温にはならないと思いますが、熱で素材が変形しやすいんですね。ジョイントマットは「ジョイントして使う」という性質上、少し変形しただけで使えなくなってしまう可能性があるので、できれば熱源を近くで使わないほうがいいんです。

ホットカーペットはもちろん、床暖房の上・ストーブの近く・コタツの下などでは本来使うべきではありません。でもその理由は「熱で変形する可能性があるから」です。ならば熱が伝わらなくすれば使えるということになりますね。

ジョイントマットにホットカーペットを敷く方法

ジョイントマットにホットカーペットを敷くポイントを簡潔にまとめると次のようになります。

ジョイントマットの耐熱温度は何度なのか。
ホットカーペットの裏側は何度ぐらいになるのか

つまりホットカーペットの裏側の温度が、ジョイントマットの耐熱温度を下回れば問題ないということ。ホットカーペットの種類とジョイントマットの種類を考えると、一概に使える使えないというのもどうかと思いますが、人が温かいと感じる温度を常識的に考えると軽く断熱するだけで問題なく使えます。

基本は「ジョイントマットの上にホットカーペット」です。「ホットカーペットの上にジョイントマット」では、あまり温かくないでしょう。床面から順に考えると「フローリング⇒ジョイントマット⇒断熱材⇒ホットカーペット」という順に敷くことで暖かさの面では最大の効果を発揮してくれるはずです。ジョイントマットがフローリング面からの冷気をカットしてくれるので、ホットカーペットの熱が効率よくお部屋を暖めてくれます。

断熱材はどんな物がいいのか

これは薄くて断熱効果のあるものなら何でもいいです。おすすめはアルミでできた断熱シート。ホームセンターに行けば簡単に手に入ります。熱を反射してくれるので、熱がジョイントマットに伝わらないどころか、逆に部屋を暖めてくれます。

さらに温かさを求めるなら「フローリング⇒ジョイントマット⇒じゅうたん⇒断熱材⇒ホットカーペット」が、ある意味「簡易床暖」になっておすすめ。

まとめ

マンションやアパートの1階に住んでる場合や、古い社宅・建物の場合、床の冷えはかなりキツイものがありますよね。暖房を強くしても足元はどうしても冷えやすい場所なので、いっそ床を完全防備したほうが部屋全体が温かくなりことも十分考えられます。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る