Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

マンションで子供の足音を響かなくする手っ取り早い方法

マンションで子供の足音を響かなくする手っ取り早い方法

「うるさい!」と階下の人に苦情を言われて悩んではいませんか?マンションやアパートの上階に住んでる小さな子持ち世帯の場合、子供の足音や遊ぶ音は本当に気になるものですね。迷惑にならないように教えても子供はなかなか理解できません。

親は歩き方を意識したりスリッパを履けばかなり軽減させることができますが、問題は子供です。そんなときは多少出費が痛くても敷くもので対応するのが簡単です。このページでは手っ取り早く苦情が来ないようにする簡単な方法を紹介します。

スポンサーリンク

床の防音最強コンビを紹介

このブログではジョイントマットのことを中心に書いていますが、ジョイントマットは防音面ではまずまず効果があります。ただしテレビなどの音にはあまり効果がありません。

しかしながら、階下から苦情が来るなら多くは足音などの衝撃音なはず。そこで衝撃音を減らすジョイントマットの最強の相棒を紹介します。

低反発ラグ

低反発と言えば枕やマットレスを思い浮かべますが、実は低反発素材を使ったラグやマットがあります。ジョイントマット自体もクッション性がよく、足音などには効果的な素材ですが、その上にさらに低反発ラグを敷くことで防音効果は相当なレベルになります。

ただし、これはあくまでも足音など衝撃音の「防音」だけを考えたコンビです。工事の必要もなく多少出費はありますが敷くだけなのでとっても手軽です。
低反発ラグの詳細はこちら

具体的な対策

基本はジョイントマットと低反発ラグによるダブルの効果を狙いますが、効率よく対策するためにはもう少し考える必要があります。まずは階下の住人のタイプを考えてみましょう。

音に対しての許容範囲は?

階下から苦情が来た場合はあまり許容範囲が広くない可能性が高いですが、自分の感覚と比較してどうかを考えてみます。自分的にはそこまでうるさいわけではないのでは?と感じるなら、おそらく「小さな子供」に対しての理解のない人です。

子育てをしたことのない人は子供の特性をわかってないので、理由はさておき「とにかくうるさい!」と感じてしまいます。自分があまり好きじゃない音というのはとても耳障りなので、それはそれで仕方のないことです。

また自分的にも「いつか苦情がくるかな…」と感じているなら、最大限の対策をしてあげるべきです。自分でそう感じるということは、階下にはかなり騒音になっている可能性があります。

仮に階下の人が子育てを経験したことのある人なら、子供に対して理解がある場合が多いので「子供は走る」と分かっているし赤ちゃんは泣くものと分かっています。なので子供の足音に対する許容範囲は広いのが一般的。子育ての経験がない人ならもっと早く苦情が来るはずです。

まずはジョイントマットだけ

階下の人のタイプと自分が出しているであろう騒音を考えて、少しの対策で良さそうならまずはジョイントマットで様子を見ます。下の住人と険悪にならないように「とりあえず対策をしたけどまだうるさかったら言ってね」という主旨を伝えておくのが理想的。

その一言があるだけで「しっかり考えてくれている」ということが分かるので、多少なりとも許容範囲が広がります。

全面に敷き詰める必要はありませんが、子供が通る場所には全て敷きます。廊下もよく走るのでしっかり敷きます。メインの遊び場や子供部屋があるならそこも敷きます。

とりあえずこれで様子見をします。

まだ苦情が来る場合

それでもまだうるさいと言われるなら、最強の相棒である低反発ラグをジョイントマットの上に敷きます。一度は触ったことがあると思うのでイメージはできると思いますが、衝撃音を消すにはうってつけの素材です。低温に弱いという弱点はありますが、極端に固まることはないので大丈夫です。

ただし床がかなり高くなるので、ドアの隙間や引き出しが開くかなどを考える必要があります。

まずメインとなるリビングには大き目のものを敷きます。さらに廊下には細長いマットを、メインの遊び場にはちょうどいい大きさのものを敷きます。特に走るであろう廊下はしっかり敷いたほうがいいです。

理想は隙間をなくすように敷くことですが、ジョイントマットのようにサイズに柔軟性がないので、メインとなる場所に敷くようにします。

それでもダメなら…

ここまでやってもダメなら、マンションやアパートの管理人さんに頼るしかありません。親として子供にできる限り教え、なおかつここまで対策をしてるなら、すでにあなたに非はありません。

共同住宅なのでマナーを守ることは大事ですが、ここまで対策をしてもなお苦情がくるなら、それはクレーマーの可能性もあります。

「あなたのほうこそ少しは我慢しなさい!」私ならこう言うと思います。ただそういう事を言うと険悪になってしまうので、管理人に「ここまで対策してる」ということを見てもらい、階下の人を説得してもらうのがスマートな方法です。

まとめ

共同住宅における騒音のいざこざは今に始まったことではありません。あなたが世間的には騒音を出していない家庭だとしても、たまたま運悪く階下の人が音にうるさい人の可能性もあります。

ただし何も対策をしていないなら反論のしようもないので、最低限の対策はするべきではないかと思います。今回は多少出費があっても、できるだけ簡単にできる方法を紹介したつもりです。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る