Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

赤ちゃん用マットの掃除の仕方

赤ちゃん用マットの掃除の仕方

赤ちゃんのためにマットを敷いてると、気になるのがお掃除方法ですよね。赤ちゃんが直接触れるものだからできるだけ清潔にしたいところです。

でも赤ちゃんの場合、何も気にすることなく舐めたりしちゃうので、あまり洗剤をつけるのも考えもの。そこでここでは赤ちゃん用マットの掃除に焦点を当ててみようと思います。

スポンサーリンク

ジョイントマットの掃除方法

ジョイントマットの掃除はさほど特殊なことをする必要はありませんが、赤ちゃん用ということなら「普段の掃除」「2~3か月に1回の掃除」「年に1度の大掃除」と三種類に分けるといいかなと思います。

普段の掃除

一般的なEVA素材のジョイントマットなら、普段の掃除方法は多くの場合「掃除機⇒水拭きorクイックルワイパー」でOKです。ジョイント部はほこりがたまりやすいので、意識的に掃除機を当てるようにしましょう。

もちろん赤ちゃんが何かこぼしたりしたらサッと拭いておくことが大事。水分には強いので簡単には染み込みません。ゆっくり拭いても問題ないでしょう。

2~3か月に1回の掃除

中期的な掃除方法としては、マットを洗剤をつけて水洗いするのがオススメ。中性洗剤を使えば汚れがとても落ちますが、十分すぎるぐらいにすすいであげることが必要です。

重曹やお酢を溶かして、それをスプレーボトルなどに入れて洗剤代わりにするのもオススメです。赤ちゃんにやさしい重曹もお酢も人体に害のないものなので、すすぎが不十分でも人体に害が出ることもないです。

また、念のためマットを数枚はがして様子を見てみることも大事。使用する環境によってはカビが発生してる場合もあります。また、子供が知らない間にジュースをこぼしてて、それに気づかずカビが発生してるといったトラブルの可能性もあります。

年に1度の大掃除

とても手間がかかりますが、年に一度は全てひっぺがしてマットの下も水拭きしましょう。ほこりはそんなにないと思いますが、けっこうザラザラしてるはず。マジックリンなどでフローリングをくまなく拭いて、その後水拭きをすると完璧です。

ジョイントマット自体も水で洗うのがおすすめ。洗った後は重ねないで陰干しするようにします。重ねるとカビの原因になってしまいます。できれば風通しのいいとこに干したいものですが、場所を取るし濡れてるのでお風呂場に立てて換気扇を回しておくのもいい方法です。

コルクマットの場合の掃除方法

素材がコルクの場合も基本的には同じですが、コルクの場合水拭きがしにくいということがあります。なのでクイックルワイパーでは少し物足りないので、雑巾での水拭きが必要。ただ、毎日ぞうきん掛けする必要はなく基本は掃除機が中心。汚れが目立つようなら水洗いし、同じく陰干しします。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る