Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ジョイントマットのふち(サイドパーツ)は必要か…?

ジョイントマットのふち(サイドパーツ)は必要か…?

ジョイントマットにはふち(サイドパーツ)のあるものとないものがあります。最初から付属されているものもあれば、別売りになっているもの、ふちがないものもあります。

では「ふち」はあったほうがいいのでしょうか、それともなくてもいいのでしょうか?そこに焦点をあてて考えてみます。

スポンサーリンク

そもそも「ふち」の役割とは…

端っこがギザギザなのと、ふちをつけてまっすぐなのでは、どのような違いが出てくるでしょうか。

ほこりが溜まりやすい

多くの人が真っ先に思うのがほこりの問題だと思います。これは物理的にどうしようもなく、ギザギザしてるとどうしてもほこりや髪の毛などが溜まりやすいです。特に部屋に敷き詰めるときや、一部だとしても壁際に敷くときは、舞ったほこりが壁にぶつかって落ちるので、見事にギザギザの隙間にたまってしまいます。

赤ちゃんがめくる

ジョイントマットを敷く目的が赤ちゃんの保護の場合、赤ちゃんがめくる確率はふちなしのほうが高いです。ギザギザと真っ直ぐなら、当然ギザギザのほうが目を惹きますし、赤ちゃんの小さな手でもつかみやすい形状と言えます。ほこりが溜まりやすい部分なので、めくられると親としてはちょっとイヤですよね。

見た目のデザイン性が良くない

ギザギザなのとふちで真っ直ぐになっているのとでは、見た目のデザイン性が全然違います。よく見ればすぐにジョイント部は見えますが、パッと見た時の雰囲気は全く違いますし、壁にベッタリつけるときも真っ直ぐなほうがキレイなのは言うまでもありません。ただ、この辺は性格によっても大きく左右されるでしょう。デザイン的な観点で、ギザギザがどうしても許せない人もいるでしょうし、全く気にならない人もいますよね。

目的によってふちを考える

ジョイントマットを敷く目的によってもふちの存在意義は変わってきそうですね。

赤ちゃん用に敷く場合

ジョイントマットを敷く理由のなかで最も多いのが、赤ちゃんの保護を目的としたものです。転んだ時の衝撃を和らげるのが最大の目的。フローリングの家が多いので、万が一転んで頭をぶつければ大けがになってしまう可能性もありますよね。

そんな場合に、ふちの果たす役割は次の点が大きなものではないでしょうか。

  1. 赤ちゃんがめくらないようにする
  2. 赤ちゃんにとって衛生的にする
  3. 見た目を嫌がる旦那を説得する

赤ちゃんがめくらないようにする

上記とかぶりますが、ギザギザのほうが確実にめくる可能性が高くなります。部分的に敷くなら特に端っこがつかみやすいので、気がつけばペリペリめくって遊んでいることでしょう。

赤ちゃんにとって衛生的にする

ギザギザがないと掃除機の効果も高くなるし、拭き掃除もしやすいのでキレイに保つことができます。ギザギザだとほこりが溜まってしまうので、赤ちゃんが濡れた手で触ってしまい、それを口に入れることも十分考えられます。

見た目を嫌がる旦那を説得する

「お母さんは赤ちゃんのためにリビングにジョイントマットを敷きつめたい…」
「でも旦那はインテリアが損ねるから一部でいいと言う…」

こんな場面も多いかもしれません。そんな時ギザギザがなくなれば多少なりとも説得の材料になります。

ワンちゃんの滑り止めに使う場合

フローリングのお家で飼っているワンちゃんのために、滑り止めとして敷くことも多いと思います。そのようなときは、ワンちゃんの年齢や性格を考えてあげましょう。もし老犬という条件なら、ふちのありなしはそれほど大きな問題にはならないでしょう。飼い主の掃除のしやすさやデザイン的なことを考えればいいです。

若くてやんちゃなワンちゃんの場合、ギザギザが気になってかじってしまうことがあるので、ふちがあったほうがいいです。また、滑り止めではなくトイレ周りに敷く場合も、ふちがあったほうが隙間が少なくなるので、万が一お粗相してしまったときも安心です。

新築のフローリングを保護する場合

まぁ新築に限ったことではありませんが、フローリングの保護のために敷くこともあると思います。ワンちゃんのひっかき傷などは一つ上の項を参考にしていただくとして、たとえば新築の子供部屋に敷くときなどはふちがあったほうがいいです。理由は圧倒的に掃除がしやすいから。

子供部屋は良く動く子供の部屋だけに、ほこりが溜まりやすいもの。ふちがなくギザギザのジョイントマットでは、掃除にかかる時間が増えてしまい家事の大きな負担に。できればふちをつけたほうが楽になります。

まとめ

多くの場合、できればふちがあったほうがメリットは大きいです。ただ価格も当然高くなるので、まずはふちなしで使ってみて、ふちがあったほうが良さそうなら後で買い足すのも賢い方法。初めからふちがないジョイントマットは、どうやってもふちをつけることができないので、ふちのあるものを選んだほうが無難です。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る