Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ジョイントマットの効果的な洗い方と干し方

ジョイントマットの効果的な洗い方と干し方

ジョイントマットは簡単に洗えるところが大きな特徴で、いつもキレイで衛生的な状態をキープすることができます。

でも汚れてしまった時はどのように洗うと効果的・効率的なのかが分からなくなりますよね。

そこでこのページでは、ジョイントマットの上手な洗い方と干し方を紹介します。

スポンサーリンク

ジョイントマットを洗うべき状況

ジョイントマットは普段のお掃除はフローリングと同じで問題ありません。でも簡単に水洗いできるので汚れるたびに洗ってキレイにしておきたいもの。ではどのようなときに水洗いすべきでしょうか。その代表的なのが次の3点です。

  1. ベタベタするものをこぼした時
  2. ニオイの付きそうなものをこぼした時
  3. 色が付きそうなものをこぼしたとき

ベタベタするものをこぼした時

小さな子供がジュースをこぼしてしまったり、ゼリーのようなものをこぼした時は水洗いすべきです。ベタベタしてほこりが付着しやすく、非常に不衛生になりやすいと言えます。

ニオイの付きそうなものをこぼした時

子供が嘔吐したりワンちゃんがお粗相してしまったときも、拭くだけでは物足りません。殺菌のことも考えて十分水洗いすべきです。

色が付きそうなものをこぼしたとき

絵具や何かのインクなど、色がついてしまいそうなものはなるべく早く水洗いします。早いほうが落ちやすいのでサッとはがしてお風呂場に置いておきましょう。

上手な洗い方

基本的には水またはぬるま湯で洗い、どうしても汚れが取れない場合は中性洗剤を使います。丸洗いできますが洗濯機で洗えるわけではないので気を付けましょう。

お風呂場で洗う

ジョイントマットはお風呂場で洗うととても洗いやすく、キレイにすることができます。シャワーをかけながらジャブジャブできるので非常に楽チンです。はがした部分の床を拭くことも忘れないようにします。

こすりすぎない

タワシのような硬いものでこするのは痛めてしまうので気をつけましょう。まずは水で流して軽く手でこすります。落ちないようなら中性洗剤を薄めたものを柔らかい布に付けやさしくこすっていきます。

洗った後の上手な干し方

洗った後は完全に乾いてから戻す必要があります。濡れたまま戻してしまうとカビの原因になってしまいます。洗った後はまずタオルでしっかり水分を吸収し、風通しのいいとこで陰干しします。洗濯ばさみではさんだらへこんでしまうので注意が必要。また、乾くまで重ねて置いておくとこちらもカビの原因になるので注意が必要になります。

まとめ

ジョイントマットは水で丸ごと洗えるのが大きな利点。汚れたらお風呂場でやさしく洗ってあげましょう。強くこするのは痛める原因なので、柔らかい布か手で洗うのがおすすめです。
⇒「赤ちゃん用マットの掃除の仕方」も参考にしてください。

やさしいジョイントマット ナチュラル(木目・畳柄)

やさしいジョイントマット ナチュラル見た目を気にするなら木目調や畳柄のジョイントマットが最適。ジョイントマットの役目を果たしつつインテリア性もしっかり確保してるので、リビングなどにピッタリと言えます。30cmのレギュラーサイズと60cmの大判があります。

詳細はコチラ

やさしいジョイントマット(単色&ミックスカラー)

やさしいジョイントマットカラーが豊富で厚手大判サイズがいいならコチラが向いています。全て同色か、もしくはミックスタイプで全14色もあります。また、62cm&厚さ12mmという希少な大判サイズも取り扱ってるので、実用性重視という人にもおすすめです。

詳細はコチラ

やさしいコルクマット

やさしいコルクマットこちらは表面がコルクでできているジョイント式「コルクマット」です。自然な風合いがとてもオシャレで、厚みも11mmと8mmがあります。使い勝手は普通のジョイントマットと同じで、ナチュラルテイストなお部屋にはピッタリと言えます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る