フローリングにマットが必要な5つの理由

フローリングにマットが必要な5つの理由

フローリングは、見た目のデザイン性や掃除のしやすさなど多くの利点があるなかで、当然ながら向かない家庭や場面もあります。

そんなときに役立つマットですが、種類も多くどのようなものを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこでこのページでは、いろいろな場面ごとにマットの必要性を考えてみようと思います。

フローリングマットでペットの安全を考える

最近は外で犬を飼う家庭より、室内犬を飼う家庭のほうが圧倒的に多くなっていますよね。

それとは対照的に、最近の家はほとんどがフローリング。

つまりフローリングの家でワンちゃんを飼っている家庭が非常に多いということです。

ワンちゃんにとってフローリングはあまり歓迎されるものではありません。

滑るので股関節や足を痛めてしまいやすく、勢い余って壁などにぶつかることもあります。

そんな状況ではやはり滑り止めの対策をしてあげたいものです。

理想はフローリング全面ですが、じゅうたんなどで大部分を覆ってしまえば問題はないでしょう。

また廊下にも対策を忘れずにします。

キッチンマットのような細長いものを敷いたりするのがオススメ。

ただ、よくずれたりめくれたりするので、裏に滑り止めなどを置くといいでしょう。

ペットOKのマンションやアパートでは、下階への防音としても役になってくれます。

フローリングと赤ちゃんは相性が悪い!

小さな赤ちゃんのいる家庭では、フローリングはデメリットが多いです。

赤ちゃんの安全面・足音や物を落とした時の防音・赤ちゃん目線での断熱性…。

特にフローリングは安全面から見ると非常に危険です。

小さな赤ちゃんはよく転ぶので、頭でも打てば大けがになってしまいます。

大人では考えられない状態からでも転ぶし、受け身をとることもできません。

衝撃をもろに受けるので、フローリングは危険極まりないと言えます。

じゅうたんを敷いてる家庭も多いと思いますが、クッション性を考えると厚みが全く足りません。

フローリングに比べ外傷は防げるかもしれませんが、衝撃はあまり変わらないでしょう。

オススメは厚みがあり衝撃を吸収してくれるジョイントマット。

防水だからなにかこぼしてもじゅうたんのように慌てて拭く必要もありませんし、掃除も楽。

なにより安全で暖かく清潔を保ちやすいので赤ちゃんにピッタリ。

防音の面でもクッション性の高いマットが必要です。

フローリングマットには木目調や畳柄もある

居間やリビングに敷きたい時は、どうしてもデザイン的なことが気になっている人も多いと思います。

でも最近は木目調のマットや畳模様のマットもあり、見た目が大きく改善しています。

じゅうたんならデザイン的にいいものもありますが、たとえば赤ちゃんのために厚手のマットを敷きたい場合などは、なかなかオシャレなものが少ないです。

模様のない単色のマットは、子供部屋やリビングの一角ならしっくりきますがリビング全体にはやっぱり合いません。

デザイン性が気になるなら模様や柄のついたマットを選ぶといいでしょう。

フローリングに直に布団を敷くべからず!

フローリングに直に布団を敷いている人もいると思います。

でもフローリングはほこりが舞い上がりやすく、しかも冷たいのであまり良い方法とは言えません。

そんな時はジョイント式のマットを敷くのがオススメ。

布団の範囲だけ敷けば冷たさを大幅に軽減してくれますし、さらに広げればほこり対策にもなります。

ジョイント式ならどんな形状の部屋でも形を合わせて敷けるので、じゅうたんより使い勝手がよく掃除も楽です。

まとめ

フローリングは、靴で家の中に上がる欧米とは違い、日本では向いてない場面も少なくありません。

総合的な視点ではメリットが多いものの、向かないシチュエーションではマットを合わせるなどの対応が必要になりそうですね。